2017年4月 Xperia™ Z3 SO-01G を買取いたしました。

ただし動作確認したところジャンク品と判明して、

査定は大幅に減額となりました。

 

買取依頼されたスマホは非常にキレイな状態。

DoCoMoの白ロムです。

当店でタッチパネルの動作状況を確認しているときに不具合が見つかりました。

画面の左端が全く反応しておりません。

ネットを調べてみると、「タッチ切れ」という現象と呼ぶらしく、

この旨を買取依頼されたお客様に連絡しました。

お客様は左端をタップすることはあまりなかったらしく、

不具合があることを自覚していませんでした。

高額買い取りとなるとおもって、買取依頼されていたので、

ジャンク品としての買取となり大変落胆されておりました。

このように動作不具合が見つかった場合にはジャンク品としての買取となります。

さらに電話でお聞きしてみたのですが現在もDoCoMoと契約中で、このスマホも

機種変更し、売る前は「保障」も入っていたとのこと。

ケータイ保障とは、月々500円~ぐらいの料金を追加で支払うことにより、

端末の故障の保障もしてくれるプランが各キャリア、格安SIMにございます。

料金や保障内容は各キャリアによってことなります。

DoCoMoの保障サービス

auの保障サービス

softbankの保障サービス

格安SIMの保障サービスもございます。

保障に加入しておられる方で機種変更後、旧機種の売却をお考えの方へのメッセージ

もし携帯やスマートフォンの買い換えをご検討中で、

保障に加入しておられる方は、機種変更する前に

ショップなどに持ち込みして故障箇所がないか

調べてもらいましょう。

ドコモショップなどにいくと故障をスグ調べられる端末もございます。

もし、故障があれば保障サービスを利用して修理してもらってから、機種変、

直っている端末を中古買取に出すのが良いと思います。

その際、修理明細などがあれば買取品に信頼性がうまれ、私共としては、

高額査定のポイントとなります。

 

もし同じように春の機種変更などで旧機種の売却をお考えの方で、

ケータイ、スマホ保障にはいっている方はご一読、ご一考いただければ幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

少しでも安く機種変するには、旧機種をなるべく高値で売ること!そのために

保障に入っているかたは、あらかじめ調べてもらった方がよいですよ・・・というお話でした。